PROFILE

PROFILE

小松ゆり子。東京生まれ。

大学卒業後、ミュージック・レーベルプロモーターとして8年勤務。「好き」が仕事になる喜びがある一方、不規則で多忙な毎日にストレスケアの重要性を感じ、アロマセラピーに興味を持ち始める。

about01

様々な自然療法や身体にまつわる勉強を進める中で、セラピストが一生を通じて自らの経験をフィードバックしていける職業であることに大きな魅力を感じ、30才で退社したことをきっかけに、本格的に自然療法の世界へ。

2005年、アロマセラピストの資格を取得後、ホテル・スパセラピストとして活動する一方、前職のご縁で12万人を集客する最大級の都市型音楽フェスティバルSUMMER SONICの公式癒しブース「AromaSonic」を展開。夏フェスに初めてアロマセラピートリートメントを導入する。

スクリーンショット 2013-03-31 11.49.45

その後も様々なサロンで施術を行い、自然療法の国際総合学院「IMSI」での講師活動など、順調にキャリアを重ねつつ、世界のネイティブなセラピーを学んでいく。

なかでも2006年、バリ島で取得したエサレン・ボディーワークの哲学は自身のセラピー・スタイルに大きな影響を与え、「ボディーワークは単なる揉みほぐしではなく、セラピストとクライアントの間に紡がれるライブ・セッションであり、エンターテイメント、アートの領域でもある」という思いを強くする。

また同年はカウアイ島でクリスタル・ヒーリングを、屋久島の自然の中でストーンセラピーを学び、「場所の持つエネルギーが学びや気づきを促進する」と体感。まず「場」のエネルギーがあり、そこに集まる人がそれを増幅させていく…というこの経験が、その後イベントでのセラピー活動を行う際の大きな指針となる。

2009年、モロッコへの旅にインスピレーションを得て、「定住型」である通常のサロンワークとは異なる、遊牧民のように場所を移動してセラピーを展開する「nomadic bodywork」のスタイルを提唱。「場とのコラボレーション」をテーマに様々なイベントを企画&運営する。

スクリーンショット 2013-03-31 11.53.27

Mr.childrenの桜井和寿さん、音楽プロデューサーの小林武史さんが中心となって開催される「ap bank fes’09」「ap bank fes’10」では、ライブ後のオーディエンスに向けた相互マッサージのワークショップ「おやすみ!ペアトリートメント」を開催。

その他、温泉地で開催される音楽イベント「音泉温楽」への出店「温泉極上昇天区間 涅槃へgo!」、一品差し入れとセラピーを交換する飲み会ならぬ「モミ会」など、パーティ×セラピーのスタイルを確立していく。

2010年より、坂本美雨さん主催のLIVE EVENT「DIRECT MIUsical」にて、セラピー・ブース「PHANTOM tent」を出展。モデルのSHIHOさん主催のサーフ・コンペティションや、雑誌「SWEET」主催のファッションショーなど、音楽、ファッションとコラボレーションしたセラピー展開を行う。

スクリーンショット 2013-03-31 11.52.00

2011年には業界初となるシェア・オフィスでのセラピー「OFFICE リラクゼーション at HAPON」新宿HAPONにてプロデュース。身体性のあるオフィス・ワークの提案を行う。

様々な経験をもとに施術の内容もブラッシュアップされ、東洋的な押圧と、ロングストロークやストレッチングなどを多用し、植物や鉱物の力をフュージョンさせた オリジナルのセラピー、「VITAL touch therapy」が誕生。一般的なオイルトリートメントとは一線を画す「身体が隅々まで解放され、心と魂にエネルギーが満ちる」セラピーとして評判を呼ぶ。

タッチングや自然素材を使ったセラピーによる「リラックス」が心身の隅々まで染み渡り、時に「治療」にはできない領域の癒しを引き起こすことを実感する中で、よりクライアントのバックグラウンドを理解した密度の濃いセラピーや、コンシェルジュ的にアドバイスを与える必要性を感じていく。

2012年12月、広尾に自身初のセラピー拠点となるサロン「corpo e alma」をスタート。

2014年より青山のプライベート・アトリエに場所を移す。より密度の濃い「パーソナル」なスタンスでオーダーメイドの施術を行うことをテーマとし、セラピー活動を行っている。

同年、兼ねてから交流のあった初音ミクなどの音楽制作を行うレーベル「U/M/A/A」内のリラクゼーション部門「relacle(リラクル)」のスーパーバイジング・ディレクターに就任。音楽とクイック・ボディケアが融合した空間「CHILL SPACE」の運営や技術指導に携わる。

オリジナル・メソッドである「VITAL touch therapy 」の技術を伝授するセラピストのためのアドバンス・クラスや、日本初のグリーンファッションを提案する「かぐれ」とのコラボレーションによる一般向けセミナー「holistic selfcare~からだと心の対話」なども開催し、現代人が都会でバランスを保ちながら生き抜く知恵やプリミティブな五感を取り戻す方法を様々な角度からナビゲートする活動を行っている。

From YURIKO KOMATSU

心と身体を完全デトックス。

「ナニかが抜ける、禊っぽいセラピー」「身体を一回バラバラにしてから、元通りに組み上げた感じ」などのご感想をよく頂きます。世界各地の自然療法を学び、心と身体を本来あるべき自由な状態へ戻すには?と考え続けた結果選んだのが、各国の手技療法と、アロマセラピー、ストーンメディスンの融合です。「人間」「植物」「鉱物」…地球に存在する3つの力をフュージョンさせて心と身体を完全にデトックスし、生まれたての自由さを取り戻すのが、私の提案する「ヴァイタル・タッチセラピー」なのです。身体のケアだけなく、魂やエネルギーまでもケアするメソッドで、一人一人がピュアな赤ちゃんのように、可能性に満ちた自由な存在であることを思い出して頂けたら…と思っています。

IMG_0442db