【ゴールデンウィークナニしてる?①】キリスト教総復習!

もちろん、セラピーなどお仕事もしているゴールデンウィークですが。

 


それ以外は「マグダラのマリアの足跡をたどる」という旅に出るために、キリスト教を総復習。

 

ベルばらでフランス革命を勉強した世代なもんで、まずはTSUTAYAでしこたまDVDを借りるところから。

 


「SUN OF GOD」「パッション」などオーソドックスなイエスの一生系から始めて、今回の大本命、ルーニー・マーラ主演ホアキン・フェニックスがイエス役の「マグダラのマリア」(ヨハン・ヨハンソンのBGMも良かった。)

 

 

15年くらい前の「ダヴィンチ・コード」ブームの時にDVDRに焼いてあった(昔の自分エラい!)ディスカバリーチャンネル渾身の調査による「ダヴィンチコード」をリアルに解き明かす番組や、「ユダの福音書」「禁断の聖書」などなど。

 

「そもそもヘブライ人とイスラエル人とユダヤ人ってナニが違う」というのもわからず。

 

旧約聖書方面にも足を伸ばさざるを得ず、「ノア」「エクソダス神と王」(元祖「十戒」は昔さんざん観たので割愛)、紀元前の覇者「アレキサンダー」、そこからの派生で「アレキサンドリア」。

 

キリスト教の純度の高いところから、混迷を極め始めるところまでとりあえず全網羅。

 

 

 

 

概要が把握できたんで、ここからはイスラエル在住の知人の方オススメの本を大量取り寄せして、基礎的かつ細かい疑問を解消していく所存。

 

 

さて、出発前にどこまで脳みそにインストールできますか(汗)

 

 

しかしながら、今までの感想としては、この世はバイオレンスの歴史だなと。

 

イエスの教えは素晴らしい。

 

迫害にめげない伝道者たちも素晴らしい。

 

しかしその一方で神へ道を利用した権力的なものも育む。

 

 

 

教会を含む権力構造は腐敗しやすく。

 

知識のない民衆は愚かに右往左往する。

 

なんだかんだ最終的には力でねじ伏せる。

 

 

それがこの世界。

 

その失敗を何周も繰り返している。

 

 

 

むしろ、異端の中に、消されたものの中に真実がある気しかしませんよ…

 

と思っちゃう時点で、時代が時代なら即火あぶり確実な、前世魔女狩り組の思想(笑)

 

 

 

でもその繰り返す歴史の中で、螺旋のように少しずつ上昇している。

 

野生と知性のバランス。

 

野生だけだった時代から、知性優位の時代に。

 

なるほど!となると、ケン・ウィルバーやエソテリックも復習せねば。。。(汗)

 

 

少しずつでも螺旋構造の果てに残る「真なるもの」とはなんぞや。

 

現地に立ったその時は、その「真なるもの」が生まれた瞬間に、その本質に思いを馳せたい。

 

 

■ご予約可能日

5月6日までスペシャル企画ご提供!
・「クオリティ・オブ・タッチ with ストーン(90分¥15,000)」※着衣の施術
・「ヴァイタル・タッチセラピー(120分)」通常価格の10%off(¥27,000)
5日(日)6日(月)
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■クオリティ・オブ・タッチ with ストーン
質の高いタッチを味わっていただくことはもちろん、ストレッチング&ムーブメントや温めた石でファシアに働きかけます。お仕上げは、温めた石に包まれるネイティブ・アメリカンの「魂を埋める」儀式。身体全体のつながりと、魂を取り戻す、瞑想的な時間。施術の前後は30分ずつお時間を取っておりますので、ソマティックな対話もお楽しみに。着衣での施術になりますので、オイル・トリートメンとが苦手な方にも安心してお受けいただけます。

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

平成から令和へ。美しい世界を見て、心と身体が自由になること。

たくさんの美しい世界を見ることができた。

 

 

 

 

 

心も身体もどんどん自由になった。

 

それが私の平成の記憶。

 

 

 

平成元年を迎えた15歳の時には思いもよらなかったことも。

 

うっかり結婚もせず、子供も生むことなく平成の31年間が過ぎたけど、

 

強がりでもなんでもなくそれも今のところ悔いなし。

 

っていうか、世間や一般の価値観に流されかけて焦った時期もあったけど、あの焦りも今となっては不必要だった(笑)

 

 

 

もう世界のどこにも完璧に安全な場所なんてなくて、「いつか」「そのうち」なんて言葉はもう信じられない世の中だから、自分の野生の嗅覚に引っかかった時が、そのタイミング。

 

それをなる早で実現する。

 

そんな風に選択していると、たぶん、もういつ死んでも後悔はない。

 

でも、もっともっと自由になっていきたいし、見れるうちにできる限り美しい世界を見たい。

 

この肉体を使ってできることを味わい尽くす。

 

 

 

 

 

そんな平成の終わり。

 

ラオスで訪れた失われた楽園のようなバンビエンの荘厳な朝日とともに。

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィークの10日間をもて余している方は、「令和」初の禊セッションにどうぞ!

 

5月6日までのスペシャル企画、まだ駆け込み受付中です。

 

 

■ご予約可能日
5月6日までスペシャル企画ご提供!
・「クオリティ・オブ・タッチ with ストーン(90分¥15,000)」※着衣の施術
・「ヴァイタル・タッチセラピー(120分)」通常価格の10%off(¥27,000)

 

5月1日(水)3日(金)5日(日)6日(月)
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■クオリティ・オブ・タッチ with ストーン
質の高いタッチを味わっていただくことはもちろん、ストレッチング&ムーブメントや温めた石でファシアに働きかけます。お仕上げは、温めた石に包まれるネイティブ・アメリカンの「魂を埋める」儀式。身体全体のつながりと、魂を取り戻す、瞑想的な時間。施術の前後は30分ずつお時間を取っておりますので、ソマティックな対話もお楽しみに。着衣での施術になりますので、オイル・トリートメンとが苦手な方にも安心してお受けいただけます。

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

一に金的、二に金的。三四がなくて五に目潰し。イスラエル軍の格闘術クラヴマガ初体験!

 

運動神経は鈍いが、常にあるキレの良い動きへの渇望。

 

その想いに反比例するように、基礎代謝が下がり、重さが増す我が肉体。

 

 

 

もはや余生へのカウントダウンに入った昨今(まぁちょい早いけど、折り返し過ぎたのは確か)。

 

今生を後悔なく終えるために、できれば股関節周りを柔らかくして、回し蹴りを決められる自分になってみたい。

 

 


そんなこんなで筋トレに通い始め、糖質もそこそこセーブし始めたら山の如く動かなかった体脂肪が減ってきた!

 

そこで、追込みをかけるべくかねてから大塚 利恵さん(作詞家でシンガーで華麗なるヨギーニ、かつクラヴマガは週3ペースというスレンダーな凶器・笑)からお誘い頂いていたイスラエル軍の接近格闘術クラヴマガ初体験!

 

 

利恵さんによると、

 

「イスラエルは徴兵制で、普通の男女が皆短期間の訓練で実践で役立つ格闘術を身につけなければならなかったので、40年代に軍で開発された。自分からは攻撃しない、合理的な護身術。」

 

とのこと。

 

イスラエル行きの直前に体験することになったのも、何かのご縁でしょうか。(いや、一切現地でクラヴマガはしませんが・笑)

 

 

 

一に金的、二に金的。三四がなくて五に目潰し。


と、聞いてたけれど。

 

いや、殺されるかと思った(笑)

 

 

とてもじゃないが、写真を撮れるわけもなく(笑)

 

クラヴマガ後の濡れた髪のまま、香妃園で白米抜きランチを食べながらパンフレットを熟読するコマツです。

 

 

 

 

ウォーミングアップの後始まったのは手掌でのパンチやキックの練習。

 

まずは様子を見ようと先にミットを持つ側になったのが運の尽き。

 

利恵さんの長い腕から繰り出されるパンチに揺れる身体、そして脳(笑)

 

衝撃でミットが上にズレ、自分のアゴにヒットして自爆。

 

次々と待ったナシで迫り来るパンチ!

 

 

受ける側の方がツライとは全くの想定外な、格闘技初心者(笑)

(やるだけだと思ってた…)

 

死ぬで、コリャ。

 

 

 

相手にダメージを与えても、自分が怪我しないように、拳ではなく手掌で相手の顔を突く!

 

手掌にしておくと、運が良ければ、そのまま指が目潰しすることも!

 

とか、いちいち実践重視(笑)

 

 

 

やる側になってみると、キックはちゃんと身体を使わないときれいにスネや足の甲がヒットしない。

 

なるべく焦らず丁寧かつ素早く動かしてみると、身体が動きを覚えてきて少しずつ精度が高まる。

 

 

 

なんてことを考えられなくなるくらい、追い込まれ始める後半戦。

 

「家で寝転んでいる時に暴漢に襲われそうになったら?」という(笑)謎シチュエーションに対抗するため、寝転んだまま左右に移動してキック!キック!キック!

 

これまたキックする側は元より、ミットを持って左右から襲いかかる側になると、反復横跳びがツライ!

 

利恵さんの長い脚と距離感とれず、またもやメタメタのゴフゴフにやられる(笑)

 

 

 

キレ味鋭い身体への道のりはまだまだ遠い。。。

 

しかし、身体は謎に軽くスッキリ!またやりたい!

 

毎月がなかなか通いづらいタイプなので、チケット制にならないかなぁ〜。

 

 

 

■ご予約可能日

5月6日までスペシャル企画ご提供!
・「クオリティ・オブ・タッチ with ストーン(90分¥15,000)」※着衣の施術

・「ヴァイタル・タッチセラピー(120分)」通常価格の10%off(¥27,000)


5月1日(水)3日(金)5日(日)6日(月)

お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■クオリティ・オブ・タッチ with ストーン
質の高いタッチを味わっていただくことはもちろん、ストレッチング&ムーブメントや温めた石でファシアに働きかけます。お仕上げは、温めた石に包まれるネイティブ・アメリカンの「魂を埋める」儀式。身体全体のつながりと、魂を取り戻す、瞑想的な時間。施術の前後は30分ずつお時間を取っておりますので、ソマティックな対話もお楽しみに。着衣での施術になりますので、オイル・トリートメンとが苦手な方にも安心してお受けいただけます。

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

ガイドブックには載ってない!絶品ラオス グルメ

麺が好き。

 

しょっぱい汁が好き。

 

でも胃袋に優しいのがいい。そんな気持ちに寄り添うラオスの牛肉麺。

 

 

こちらはビエンチャンの路地裏の店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無骨に切られた牛肉が煮立つ鍋。

 

そこから生まれる透明度の高いスープ。

 

 

 

 

ザクザクと切られたテンコ盛りの生野菜&ハーブは、味噌をつけたり麺の中に投入したりご自由に。

 

麺はフォーよりも細い米粉の麺でスルスルと喉を通り過ぎてゆく。

 

 

 

 

胃袋が強い人は激辛系調味料で味変も可。

 

 

しかし、青い唐辛子はほんのひと齧りで涙出るレベルなのでご用心!

 

 

 

 

バンビエンに向かう道路沿いの牛肉麺も最高だった!

 

 

 

現地人アシストなしには辿り着けない系だけど、激ウマ。

 

 

 

 

 

インターチェンジでは、ココナッツアイス。

 

ベトナムのチェーみたいに、コーンや豆が入ったシロップもたっぷりで、これまたウマー。

 

 

 



バンビエンでいただいたのは、ラオス風シャブシャブ焼肉。

 

 

特殊な鍋の上で焼肉をし、そこから流れ落ちた肉汁と絶品出汁が溜まった鍋の縁でシャキシャキの青野菜や海鮮をシャブシャブ!

 

これ、旨味がハンパない!!!

 

 

 

 

お口直しはラオスの国民食青いパパイヤのサラダ。

 

これまたパパイヤの青臭さが全くない絶品。

 

 

 


ホテルの朝食のフォーだって、なんだかんだウマイ。

 

パンケーキとフレンチトーストとフォーで炭水化物祭り。

 

 





 

 

 

あぁ〜いろいろと美味しかったよねぇ。。。


ただいま次なる旅に向けて、減量&トレーニング中だけど、妄想メシでドーパミン出しながら乗り越える所存。

 

お肉と野菜が食べられれば、白ご飯は脳内補完できるようになったのは、もはや進化と言えるかもしれない。
.

 

 

■ご予約可能日

5月6日までスペシャル企画ご提供!


・「クオリティ・オブ・タッチ with ストーン(90分¥15,000)」※着衣の施術

・「ヴァイタル・タッチセラピー(120分)」通常価格の10%off(¥27,000)

 

4月23日(火)25日(木)26日(金)29日(月)30日(火)
5月1日(水)3日(金)5日(日)6日(月)

お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■クオリティ・オブ・タッチ with ストーン
質の高いタッチを味わっていただくことはもちろん、ストレッチング&ムーブメントや温めた石でファシアに働きかけます。お仕上げは、温めた石に包まれるネイティブ・アメリカンの「魂を埋める」儀式。身体全体のつながりと、魂を取り戻す、瞑想的な時間。施術の前後は30分ずつお時間を取っておりますので、ソマティックな対話もお楽しみに。着衣での施術になりますので、オイル・トリートメンとが苦手な方にも安心してお受けいただけます。

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

5月5日「タッチの日」&改元記念メニュー!「クオリティ・オブ・タッチ with ストーン」

 

5日5日はタッチの日!柔らかい手で、大切な人に触れてみよう!

 

日本タッチ協会では「タッチ」をもっと身近に実践していただきたいという願いを込めて、両手のひらを開いた形から、5月5日を「タッチの日」として制定いたしました。

 

そっと背中や肩に手を置くだけでも大丈夫です。

 

触れている手の温もりを感じ、触れられている部分が呼吸とともに緩む感覚を感じてみてください。

 

大事な人と5分触れ合うだけで、愛情ホルモンのオキシト

ンが分泌し、それによって絆が深まり、心身の安定が期待できます。

 

 

 

と、日本タッチ協会officialページで告知しておきながら(中の人仕事・笑)自分でシェアしていなかった!

 

そして、気づけば後1週間で「令和」に。

 

さらに10日間のゴールデンウィーク。

 

 

と、そんなこんなで色々諸々記念して、のスペシャル企画!

 

 

来週以降、ゴールデンウィーク期間のみの特別体験メニュー「クオリティ・オブ・タッチ with ストーン(90分¥15,000)」をご提供します。

 

「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」のクラスでお伝えしている質の高いタッチを味わっていただくことはもちろん、ストレッチング&ムーブメントや温めた石でファシアに働きかけます。

 

お仕上げは、温めた石に包まれるネイティブ・アメリカンの「魂を埋める」儀式。

 

身体全体のつながりと、魂を取り戻す、瞑想的な時間。施術の前後は30分ずつお時間を取っておりますので、ソマティックな対話もお楽しみに。

 

「タッチ」は誰にでもできるものですが、ぜひこの機会に「プロフェッショナルのタッチ」をご体験ください。

 

着衣での施術になりますので、オイル・トリートメントが苦手な方にも安心してお受けいただけます。

 

 

 

「いやいや、私はやっぱりオイル・トリートメントが好き!」という方には「ヴァイタル・タッチセラピー(120分)」を通常価格の10%off(¥27,000)でご提供いたします。

 

 

 

「タッチ」から始まる、自分の内側との対話。

 

改元&ゴールデンウィークという区切りの時。古い自分を脱ぎ捨てて、新しい自分に変化してきたい方に贈る、リチュアル。

 

自分の身体を神殿のように扱い、磨きにいらっしゃいませんか?

 

 

■ご予約可能日(4月23日〜5月6日までスペシャル企画ご提供)

4月23日(火)25日(木)26日(金)29日(月)30日(火)
5月1日(水)3日(金)5日(日)6日(月)
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。

http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

 

 

五感、そして六感の向こう側へ「7sense:Ambient Body Works Vol.1」

 

感覚の扉を開こうとするとき。

 

自分のどの感覚チャンネルがいちばん鍵穴に合いやすいだろうか。

 

チャンネルの錆つきが多いと、自分自身をも感じにくくなる。

 

様々なチャンネルを活性し、五感、そして六感の向こう側へ!

 

 

先週 HIVE JINNAN開催した「7sense:Ambient Body Works Vol.1」では、感覚チャンネルを刺激する仕掛けをたくさん用意しました。

 

 

 

 

 

会場には「7sense」をイメージしたブレンド精油を漂わせていました。

 

調和・バランスのゼラニウム、大地とつながりグラウンディングするパチュリ、光のある方へ誘うベルガモットとグレープフルーツ、そして感性を活性するシナモン。

 

 

 

 

 

会場を包む、MAJIOさんの光の演出。

 

 

 

 

 

便乗して光を操ってる風だけど、全くわかってないコマツ(笑)

 

機材ををいじれる人に憧れている!

 

 

 

主催のユーマ社長 弘石さんと、HIVEスタッフでヨガティーチャーのミユさんの挨拶からイベントがスタート。

 

 

 

 

まずは「第六感」とも言われる固有受容感覚をヨガによって活性していきます。

 

 

 

 

 

 

パワー系のミユさんのヨガ。

 

そのフローに合わせ、絶妙な緩急でアンビエント・ミュージックを流してくれるのは、自身もヨガ・ティーチャーであるDJ JAYさん。(たまに「アンジャッシュ渡部の従兄弟」でTVにも出てる・笑)

 

 

 

 

シャバアーサナの時間には、CHILL-SPACE スタッフにも手伝っていただき、呼吸とチャクラを活性するタッチを体験していただきました。

 

 

 

 

ヨガで視聴覚と固有受容感覚を活性し、背側迷走神経的な「自分とつながる」リラックス。

 

そして、「タッチ」と「香り」による腹側迷走神経的な「人とつながる」リラックスの時間へ。

 

 

 

 

シャバアーサナの時間には「MOON」、ヨガが終わった後に「デジタルデトックス アロマ」など。

 

 

ベースになっている「7sense」に、シチュエーションに応じた香りを重ねてアクセントを。

 

良い香りも、タッチも、オキシトシンを満たすための最適なツールです。

 

 

 

 

 

 

 

多国籍な参加者と初のバイリンガル通訳付きワークでドキドキでしたが、「オキシトシン・フェスティバル!」という謎ワードも飛び出し、コマツの出川イングリッシュも交えながらなんとかがんばった(笑)

 

 

「タッチ」というノンバーバルコミュニケーションの有効性にも、改めて気づきました。

 

 

 

 

最後は味覚。

 

ランブリングキッチンによるすばらしいお料理の前に最後のワーク「マインドフル・ドリンキング」を。

 

 

 

 

フレッシュ・スムージーを色、香り、舌ざわりや喉を通過する音、そして味わいなど、六感全てを使って感じる。

 

ほんの1分でも完全にそれに向き合ってみる。

 

食べる瞑想、飲む瞑想は一日のうちに何度でもできるもの。

 

 

 

 

あとは会話や新たな出会いを楽しみながら美味しくいただきました♪

 

 

 

コワーキングスペースという「つながり」の場で。

 

 

 

 

自分と、人と、世界とつながる体験。

 

その先に、新たなチャンネル「7sense」が開くきっかけになっていれば良いなと思います。

 

 

■4月の予約可能日
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

音楽と宇宙「KRAFTWERK3D@TOKYO ORCHARD HALL 18.4.2019」

クラフトワーク3Dライブ!

 

まさに、自分が好きな音楽の家系図を紐解いてご先祖様に会いに行った、というような感覚。

 

 

 

生音の力。

 

と言うけれど。電子音によるライブもまた、立派な(というか立派以上の)生音。

 

人間のエネルギー体に響く。。。

 

 

古代から音楽が淘汰されずに今の世まで受け入れられているということは、生物学的にも音楽が残ってきた意味=生存に関わることが、あるのではないか。

 

 

 

 

という話をハニカムブログ にまとめました。

 

KRAFTWERK3D@TOKYO ORCHARD HALL 18.4.2019

 

 

 

3Dメガネをかけた男女で満ちたオーチャードホール。

 

相当シュールだった。

 

 

■4月の予約可能日
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

 

帯留め展@寺田美術

私のアトリエ・サロン「corpo e alma」 のすぐ近くにある「寺田美術」。

 

いつも素敵な展示を開催していらっしゃいます。

 

 

 

こちらで本日まで開催の「帯留め展」。

 

工芸や着物、日本文化を中心にした編集やライティングをされている田中敦子さんが監修していらっしゃいます。

 

 

 

 

本当に素晴らしく美しいものしかなかった!!

 

ということで、ハニカムブログ に書きました。

 

 

 

本当は足を運んで欲しいけど、何しろ本日14日(日)までなので。

 

 

 

 

間に合わなかった方は、ぜひハニカムブログ 「帯留め展@寺田美術」をご覧ください。

 

■4月の予約可能日
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

「7sense:Ambient Body Works Vol.1 @The Hive 神南

自分の内側とつながり、静かに安らぐ感覚。

 

そして誰かとつながり、明るく広がる感覚。

 

どちらも等しく人間にとって大事なこと。

 

 

 


 

 

音楽と香りとタッチと光とヨガと食。

 

五感を満たし、第六感である固有感覚を活性し、全ての感覚を味わって第七感の扉を開け!

 

というイベント「7sense:Ambient Body Works Vol.1」。

 

 

人と人がつながるハイセンスなコワーキングスペースThe Hive Jinnanとのコラボレーションで開催します。

 

CHILL-SPACE が取り組んできたことの集大成かもしれません。

 

私は香りとタッチの指導を担当します。

 

マインドフルイーティングもちょっとやるかも。

 

 

 

もう残席わずかかもしれませんが、良きつながりの時間を過ごしたいかたはぜひ!

 

フライデー・ナイトをご一緒しましょう〜!

 

 

まっさらな自分に戻る国 ラオス日記⑭ ラオスの「クオリティ・オブ・タッチ」事情

平成の旅の記録は、平成のうちに!

 

今さらながらの、日本にいるけどラオス日記は、ラオスの「クオリティ・オブ・タッチ」事情について。

 

 

 

ビエンチャンのChampa MASSAGE&SPA。

 

 

街の中に数店舗あって、店の感じはなかなかオシャレ。

 

 

移動日でもあり、時間があまりなかったのでラオス式マッサージ60分で。

 

 

 

 

雰囲気も良く期待高まる。

 

足湯コーナーで足を洗っていただき。。。

 

 

しかし、まさかあんな阿鼻叫喚が待ち受けていようとは。。。

 

 

 

 

突然始まり、オラオラとオレの技を披露。

 

ビシビシ、バシバシギュイーンっ!と、笑いが出るレベルでやりたい放題。

 

(動画閲覧は絶叫音声注意!・笑)

 

 

ケンシロウみたいな声が自然に出た!

 

這々の体とは、まさにこのこと(笑)

 

こちらが絶叫していても己を貫き、終わりと同時にもういないセラピスト!斬新!(笑)

 

 

フギャー!!!!


終わった後こちらは虚脱&放心(笑)

 

 

お茶が沁みたわ〜。。。。

 

 

 

でもみなさん一生懸命で笑顔でやってくださるので、雑と言うのともまたちがう。

 

単にカルチャーのちがいと言いますか。

 

 

 

ラオスで受けたマッサージはビエンチャンとバンビエン4泊5日で計5回。

 

 

 

 

これはお上手!となったのはハーブスチーム屋のカッピングのお兄さんだけ。

 

 

 

本格的な、火をつけて真空にするタイプでした。

 

 

背中に綺麗なたこ焼きが焼けました(笑)

 

お兄さん、手際も良いし手もふくふくと良くて、的確だったなぁ。

 

 

 

 

 

 

ただ、同じ週に訪れた人が全く別の人に当たってそれはビミョーだったらしい。

 

やはり、セラピーは「人」ですね。

 

 

 

 

 

後は街スパからホテルスパまで、なかなかハードコア系な芸風が多し。

 

しかし、めげずにバンビエンの街で合流したCHILL SPACE 社長たちと、街スパへ繰り出す。

 

 

 

ここでは、オイルマッサージにプラスしてハーブボールをリクエスト。

 

意気揚々と下着まで脱いで待ち受けていたら、従業員さんがおびえながら「服を着てほしい。。。」と言いに来た(笑)

 

恥じらいのなさすぎる日本人である自分を反省(笑)

 

 

うむ。至福。

 

温熱は裏切らないなぁ。

 

そして、まだ若いセラピストさんも全身全霊でやってくれます。が。。。

 

 

 

 

 

お隣の国でタイ古式の影響は見受けられるけど、相手の呼吸と合わせる感覚までは伝わりきってない感。

 

もうちょい観光が盛んなルアンパバーンとかだとまた違うのかも。

 

 

施術がヘタなわけではなく、むしろラインやツボ的なポイントはパーフェクト。

 

しかしながらすっぽり抜け落ちているのが間合いや相手を慮る感覚、「クオリティ・オブ・タッチ」的な概念。

 

 

たった3秒でいい!触れる前後に静止して、ゆっくり呼吸する時間を持つ。

 

それだけで絶対お互いの幸せ度あがるから!。。。。

 

と、伝えたかったよ(笑)

 

 

やっぱり日本のセラピストはタッチのベースの質が高いと思う。

 

なんにせよ、「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」は世界に輸出すべきコンテンツかと!いつでも呼んでください。

 

飛んでいきます。 

 

 

「触れる」の質を基礎から変えると、セラピーの質が上がります!これ絶対!

 

 

日本では(笑)「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」リクエストに応じて随時開催していますのでぜひ。

 

 

 

■4月の予約可能日
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com