感性のスイッチを押す方法

 

「「感覚を言葉にする」より前に、「感じる」ということ、「どうやって感じたら良いか?」がわからないみたい。

そんな風にアウトプットする代謝ができず、澱のように溜まってしまっている人の感性スイッチを押す講座をお願いします!」

 

と、「 アロマタッチ・アクティビティ・サポート」を主宰するはしづめ りな さんから無茶ブリされてから、なにをしようか、どうしてくれようか、と考えているここ数日。

 


私からしたら「感じたら、出す」というのは「食べたら、出す」と同じくらい自然なことで。

 

逆に出さないとベンピのようになる気がして。

 

もはや一種の自然現象なので、あえてそれを「なぜ同じものを経験してもそんなにたくさんのことを感じられるのか」と問われても、なかなか答えを出すのがムズカシイものです。

 

 

が、そこを考えるのが腕の見せどころ!ということで、色々考えています。

 


そして、りなさんからの更なる注文は「相互のコミュニケーションが豊かになる講座にしてほしい」ということ。

 

 

「自分が何を感じているのか」を深く見ていくことで、相手に対する想像力が働くようになる。

 

「唯一無二の自分の感覚をちゃんと受け止め感じる」ことは、「唯一無二の相手の感覚を尊重する」ことにつながる。

 

 

 

 

そんなことに対する考察を、一石二鳥なので講座の導入的な意味合いも含めて「マゼラン」に寄稿しました。

 

 

感性のスイッチを押す方法

 

 

 

一応セラピスト向けの講座になってますが、どんな方でも参加していただける内容になりそうです。

 

ご自身の感覚のスイッチを押したい方はぜひ!

 

■開催予定の講座
*あと1席のみ*セラピストのための教養講座 小松ゆり子先生登壇「感性のスイッチを押す」
日程:7月15日(月・祝) 
時間:11時〜15時
詳細:https://www.facebook.com/events/345029792799314/

 

■セラピーご予約可能日
7月13日、14日、16日、17日、19日、21日、23日、24日
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

人気メニューはこうして作る!「セラピスト」誌「サロンの人気メニュー50選」で特集されました!

わたしがセラピストとして提供している「ヴァイタル・タッチセラピー」。

 

あえてジャンルで言えば「オイルトリートメント」。

 

その中には今まで学んできた全てが溶け込んでいるけれど、要素が多すぎて、一度ちゃんと整理して提示したいなぁ。。。と思っていた矢先にうれしいお話が。

 

 

 

 

専門誌「隔月刊『セラピスト』8月号の第二特集「サロンの人気メニュー50選」に巻頭+冒頭カラー4P「人気メニューはこうして作る!」で掲載していただきました!

 

 

 

 

 

身体に触れてゆるめ、丁寧にほぐすところから始まり、願わくば身体とつながる心、それらの奥にある魂までを磨くような。

 

もちろんみっちりボディメンテナンスではあるけれど、小さな「生まれ変わりの儀式」になる。

 

 

 

そんなイメージで構築し、身体、心、魂、それぞれに対するアプローチを、筋筋膜解剖やソマティック心理学、エソテリックヒーリング(秘教)などの学びによって深めてきたのが、今の「ヴァイタル・タッチセラピー」。

 

 

 

 

さすがにマニアックすぎて、秘教のことは今回取材ではお話しなかったけど(笑)

 

どなたにも参考になるような「セラピストの感性を統合した世界に一つのアプローチ」の作り方をお話ししました。

 

 

 

 

施術の際に大事にしているポイントや、わたしが今まで身につけてきた中から、メニュー構成の軸になった10のメソッドを解説しています。

 

 

これらのメソッドの技術は全て「Touch for World Therapy School」で公開していますし、ない講座もリクエストがあれば作ります(笑)ので、ぜひエッセンスほしい方は受講してみてください。

 

 

ヴァイタル・タッチセラピーを真似してほしいのではなく、一人一人のオリジナリティ溢れるセラピーを深めるための、汎用性と本質的な要素を兼ね備えた内容を提供しています。

 

人数が集まり場所があるようなら、地方出張もご相談可能です♪

 

 

 

もちろん、セラピーの御用命はいつでもどうぞ!

 

令和元年、2019年下半期の気合い入れや区切りをしたい方はぜひ。

 

 

■開催予定の講座
「セラピストのための教養講座「感性のスイッチを押す」」
日程:7月15日(月・祝) 
時間:11時〜15時
詳細:https://www.facebook.com/events/345029792799314/

 

■セラピーご予約可能日
7月7日、8日、9日、10日、13日、14日、16日、17日、19日、21日、23日、24日
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

めくるめくクリムトの世界へ

クリムト関連の展覧会へ。

 

クリムト展と、ウィーンモダン展、どちらも堪能。

 

 

「JVNIVS」という彫刻の原画がすごく良くて。

 

鉛筆、黒と白のチョーク、それだけで描いているのに、皮膚の柔らかさ、肌の白さと透明感、髪の艶めき、美の全てを映しとっている。

 

 

 

他にもたくさんあった鉛筆での素描の粗い線も、描いている瞬間を思うと、それだけでも実に官能的。

 

クリムトが着ていたスモッグが展示されていたのだけど、かなりデカい!ヒゲモジャで野卑にすら見える容貌。

 

その見た目から想像つかない繊細さと緻密さのある絵。

 

結婚せずして14人子供がいたらしいけど、この溢れて止まらない才能を目の当たりにした女性たちは、ただそのミューズの1人になることに幸せを感じ、うらみすらしなかっただろう。

 

クリムトが描く当時の女性はみな柔らか。

 

服を着ていても着てなくても曲線が美しい。

 

 

そんな中で生涯通じてパートナーシップを保っていたというエミーリエ・フレーゲ。

 

彼女はその印章が象徴するように、マラカイトのような鮮明な緑のイメージの女性だったのかな。

 

柔らかさより、知性を感じる。

 

 

 

クリムトの作品中や、エミーリエのドレスにも見られる、立ち昇るあぶくのような円や、らせんのモチーフにはどのような意味があるのだろうか。

 

 

ウィーンモダン展では、最後に出てきたクリムトの柔らかと対極なエゴンシーレの、ギスギスと肉が削ぎ落とされたような線にドキッとさせられたりも。

 

 

 

 

しかし、最近の美術館の物販のがんばりには目を見張る。

 

猫を抱えたクリムトがチャーミングで絵になるオッサンなのはわかるが、ソフビ人形とかTシャツまであって、君らどんだけオッサン好きやねん、と(笑)

 

 

 

かく言う私も「クリムト君とエミーリエちゃんのキーホルダー」買ってしまったけど。

 

 

 

■開催予定の講座
「セラピストのための教養講座「感性のスイッチを押す」」
日程:7月15日(月・祝) 
時間:11時〜15時
詳細:https://www.facebook.com/events/345029792799314/

 

■セラピーご予約可能日
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

ココロカラダオタク集合!「magellan(マゼラン)」ライター顔合わせ食事会

ココロとカラダ。

 

この、切っても切り離せないものと一生付き合っていかざるを得ない私たち人間。

 

ならば、このココロとカラダを最上級テクニックを持つドライバーのように乗りこなして、迫り来る外界の荒波をキレッキレにサーフィンして、今生を生ききりたい。

 

 

そのために必要な文殊の知恵を与えてくれる、ボディワーカー小笠原 和葉さんが編集長を務めるweb マガジン「magellan(マゼラン)」のライター陣との初顔合わせ食事会。

 

 

 

いやー、ココロカラダオタクな皆さんとの楽しい時間でした!

 

 

 

 

 

「magellan」の記事に目を通すことで、自ずと身体性への気づきが呼び起こされるような。

 

ココロとカラダがバランスするような。

 

 

 

 

そんなメディアに育っていくと思うので、昭和のおじさんが新聞見るみたいに、みなさん一日一回見に行くのを日課にしていただけたらと!

 

https://mage-llan.jp/about/

 

 

 

わたしもライターのひとりとして参加させてもらっています。

 

ライターが本業なわけではなく、あくまでセラピスト。

 

 

でも書くことは身体感覚と直結しているソマティックな行為だし、「読むセラピー」という癒しの一形態だと思って書いてます。

 

 

 

 

実は、この食事会の直前に近年稀に見るバズーカ砲を真正面から喰らうような衝撃的な事件があったのですが。。。

 

自分の肝が太くなったのか、はたまたポリヴェーガル理論的なフリーズか不明だけど💦

 

動揺というよりは、腹を括る方向に向かうような感覚。とりあえず、一晩寝かせてから対処しよう。。。

 

 

感情に取り込まれず、俯瞰で眺めて、少し神経系が落ち着くのを待つ。

 

 

 

■開催予定の講座
「セラピストのための教養講座「感性のスイッチを押す」」
日程:7月15日(月・祝) 
時間:11時〜15時
詳細:https://www.facebook.com/events/345029792799314

 

■セラピーご予約可能日
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

今までの技術に深みが生まれる「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」

業界歴数十年!

 

身体に触れる「触業従事者」としては大先輩にあたる、愛知のエステティシャンさんにご参加頂いた「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」。

 


「長くやってはきたけど、もう一度ちゃんと学んで、今までの経験を深めた施術にしたい。そう思ってた時にピッタリきたのがこのクラスでした。」という、うれしいお言葉。

 

 

たとえば、触れはじめと、手が離れる瞬間にほんの数秒の間合いをとるとか。

 

圧をのせる時には足幅をもう少し狭めて上半身をスッとしておくとか。

 

触れる早さをゆっくり、しかも体の隆起を楽しみながらとか。

 

ほんとうに些細なことなんだけど、実践すると一気にセラピーが深まり、眠りに誘う度が数割増しになる。

 

 

そして、それをこうしてクラスでお伝えしていく中で、わたし自身もそのシンプルなことを愚直に実践することの大切さを再認識し、身体に再インストールする。

 

教えることで、教わる。

 

今日もありがたい時間でした。

 

 

■開催予定の講座
「セラピストのための教養講座「感性のスイッチを押す」」
日程:7月15日(月・祝) 
時間:11時〜15時
詳細:https://www.facebook.com/events/345029792799314

 

■セラピーご予約可能日
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

梅雨の京都徒然。

 

京都から早朝に東京に戻って、すぐみっちり仕事、仕事、仕事。

 

そんな感じで慌しいけど、京都でブランディング&ライティングのクラスにご参加頂いたみなさんが、いろいろ感想をシェアして下さっていてウレシイ限り!

 

そしてこれから始まる「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」のクラス前に、ちょこっと京都の徒然を振り返り。

 

 


若い子ががんばって引き継いでいるという、なくならないでほしいレトロな外観の銭湯。

 

 

もう営業をやめてしまったけれどそのまま放置されている(誰か住んでいる?!)喫茶店。

 

 

 

 

餅とフルーツで作られた、本気のお供え物。

 

 

梅雨の京都はたぶん初めて。

 

 

 

 

ちょっとした道すがらに紫陽花がたわわに咲いていたり、湿度のせいか緑がより深い色に感じられたり。

 

 

 

 

蓮の葉もニョキニョキと育っていて、大きな葉の陰でひっそり咲く蓮の花一輪をかろうじて発見。

 

 

来週には満開になるかな。

 

 

 

 

■開催予定の講座
「セラピストのための教養講座「感性のスイッチを押す」」
日程:7月15日(月・祝) 
時間:11時〜15時
詳細:https://www.facebook.com/events/345029792799314

 

■セラピーご予約可能日
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

 

「生きていくこと。食べること。排泄すること。」と、感性的ライティング

初の京都開催!「元宣伝マンセラピストが教える!ブランディング&感性的ライティング」終了しました。

 

セラピストの持続可能な宣伝のためのマインド・セットから、「感覚を言葉にする」ためにできることまで、さまざまな角度から刺激したつもり。

 

 


ランチタイムはビュッフェスタイルのオーガニック・レストランで、マインドフル・イーティングを。

 

 

 

同じ条件で同じ食体験をしても、そこから導き出されるエピソードが全員ちがうこと、そのそれぞれ固有の生き生きした感覚をどうやって文章に落とし込むか、を体験的に味わってもらいました。

 

 

 

 

精油を使った香りのイメージ・ワークでは、ほとんどの人がローズマリーを選んだけれど、その感覚的な体験からくる表現はやはりそれぞれ個性があって。

 

でもその感覚すら明日はまたちがうかもしれないわけで。

 

表現のバリエーションは尽きることがないはずなのです。

 

 

 

 

 

講座でもお伝えしましたが、「書いたもの」の存在というのはなかなか不思議なものです。

 

書いた文章を褒められると、うれしい反面どこか他人事になるというか。

 

書いたものはある種の排泄物であり、自分であって、自分でないような感覚がつきまとう。

 

 

 

かつては自分の中にあり、たしかに自分の一部だった、今はもう外に出てしまったもの。

 

でもホレボレするようなウンチがでると、ちょっとうれしいかったりする、あの感じ。(アレな表現ですみません・笑)

 

排泄物の質は自分の映し鏡であるから、なるべく良いものを出す食生活を心がける。

 

 

生きていく、ということは食べること。

 

どんなものを食べ、体内に取り込むか。

 

それと同様に、どんな体験をし、どんな消化吸収をするか。

 

それによって出るもの(文章)も変化する。

 

 

だから、最初に口に入れるもの、生活習慣、いろんなものを選び、実行する。

 

書くことも食も、「自分が、どうありたいか。」という大きなテーマにつながっていく。

 

 

 

 

「セラピスト」という枕言葉がついた自分が観る世界。

 

それをなるべく自分が最も生き生きと感じる、しっくりくる言葉に置き換えていく。

 

そうすると、きっとその世界観に共鳴するクライアントさんに出会えるはず。

 

 

それは、まるで宇宙にむけてのメッセージを乗せたボイジャーが地球外生命体に出会うような果てしないものに思えるかもしれないけれど。

 

実際にわたしが発したメッセージを拾ってくれた人たちが、今日こうして日本各地から集まってくれているわけだから、信じてもらって良いと思う(笑)

 

 

 

 

ちなみに、今日質問があったけど、地方での講座開催はリクエストがあれば、ある程度の人数やそれに見合った広さの場所があれば、基本的に前向きです!

 

移動大好きな射手座だもの(笑)内容もご要望に応じて、臨機応変にアレンジします。

 

お気軽にご相談くださいね。

 

 

次回のライティングのクラスは、「アロマタッチ・アクティビティ・サポート」主催の「セラピストのための教養講座 「感性のスイッチを押す」。


7月15日(月・祝)さいたま開催です。まだご予約可能なので、タイミング合う方はぜひお待ちしてます。

 

さて、東京へ戻ります!

 

 

 

■開催予定の講座

「セラピストのための教養講座「感性のスイッチを押す」」
日程:7月15日(月・祝) 
時間:11時〜15時
詳細:https://www.facebook.com/events/345029792799314/

 

 

■ご予約可能日
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

京都初講座の会場「京町家 おとなり」さんとのご縁

記念すべき初!京都開催になる「「元宣伝マンセラピストが教える!ブランディング&感性的ライティング」。

 

会場となった「京町家 おとなり」さんが、素敵で素敵で。

 

古い建物好きにはたまらない。

 

 

 

実は、この場所。

 

以前は川井有紗さんという、自然素材からジュエリーを作るアーティストさんとのアトリエだったのです。

 

そして、実はそのジュエリーを私も愛用しております。

 

 

 

 

以前、「かぐれ 」のweb site内の企画「わたしとアクセサリー」という記事で、インタビューを受けたこともあるのです。

 

そして、有紗さんがヴァイタル・タッチセラピーを受けに来てくださったことも。

 

 

 

こんな素敵な場所で京都初講座ができて、光栄です。

 

 

■開催予定の講座
「セラピストのための教養講座「感性のスイッチを押す」」
日程:7月15日(月・祝) 
時間:11時〜15時
詳細:https://www.facebook.com/events/345029792799314/


■ご予約可能日
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

聖と俗の狭間で生きる。嵐山の聖域。

京都初日の夕刻。

 

 

 

比叡山を臨む山の中にある、プライベートな聖域へ。

 

 

 

マグダラのマリア巡礼の旅で、ずっと同室だった旅友がお手入れしている庭。

 

 

 

お手製のプレートを美味しくいただきながら、旅の続きの語らい。

 

 


風が吹き抜け、鳥や虫の鳴き声、葉擦れの音を聴きながら。

 

京都の街のにぎわいと隔絶された、天上のような場所。

 

 

 

静とカオスが目まぐるしく凝縮されていたあの旅以来、聖と俗の両方に対して、自分の在り方の切り替えが早くなった気がする。

 

 

 

聖の時間は静かに集中を高めながらもリラックスし、俗の世界は泥にまみれながらも存分に楽しむ。

 

その真ん中でバランスを取って存在する自分を信じる。

 

 

■ご予約可能日
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

日本のお弁当が冷たいのはなぜか。「小林芳三商店」でランチタイム

ランチはたたまにしか開いてないというレアなスポット「小林芳三商店」へ。

 

 

宿泊施設でもあり、イベントにも使えるスペースもあり。

 

 

 

 

中庭の奥には、また別の隠れ家スペースも。

 

 

こちらでマキちゃんのお知り合いであるKIKOさんがお弁当を出すということで、ランチタイム。

 

 

 

「日本人はなぜお弁当を温めないのか。身体に悪くないのか。」という、台湾留学生が日本の新聞に投稿した素朴な質問について談義しながらいただく。

 

たしかに、台湾料理は汁までぶっかけて食べたくなるような炒めものや煮物が多いし、肉も油分もあるから温めたいよなぁ。

 

とか、やっぱり冷えても味がしまって美味しい米と、優秀な発酵食品があるからでは?とか。

 

でも、私が買って良かったのは汁物を温かく保てるサーモスのジャーだから、温めたくないわけでもないよな、とか。

 

煮卵やトウモロコシご飯のオニギリを頬張りながら、冷えていても抜群に美味しい弁当を創り出す日本女性の智慧に感服。

 

 

 

 

 

ウィリアム・モリスの壁紙や、和洋がうまく混ざった内装がとても素敵だった。

 

 

服の色もたまたま深い青緑。

 

 

 

■ご予約可能日
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com