ただ、無為自然で在る。 それだけできっと、人生は美しく回ってゆく。

 

さて、2020年も始まって5日が経ち。

 

あらためまして、明けましておめでとうございます。

 

すでにモミ初めも開始していますが、ようやく新年の抱負。

 

 

今まで学んだことを血肉にして熟成させたい。

 

旅は風の赴くままに。や

 

りたいことを、やりたいときに、不安なくできるような豊かさに恵まれますように。

 

そして、おいしいものを食べて、安らぐ時間をとって、ハートのご機嫌を伺うのを忘れないように。

 

 

 

 
実はお正月、ゆっくりと時間を取り、温泉の中で自分の胸に手を当てて身体感覚を観察してみたところ、あらビックリ。

 

ハートの感覚が「無」(笑)

 

忙しいとは「心を亡くす」と書くけれど、ソマティックなことを生業にしているのにこりゃまずいということで、じっくり胸に手をあてて呼吸をくり返すこと数分。
 


自分を見つめる、そのために目を閉じる。

 

身体の感覚に意識を向け、考えや感じたことをただ溢れるままに泳がせる。

 

最近はほとんど具体的な「夢」というのは全く思いつかなくて。

 

ただ日々感じたことを行動に移したい、その欲求だけがある。

 

 

ただ、無為自然で在る。

 

それだけできっと、人生は美しく回ってゆく。

 

「無為自然」という言葉を思い浮かべると、なんだかつるんとむけるような感覚。

 


だから、あえて新年の抱負というならば。

 

身体と心を柔らかく、SOMAの感受性をあげる。

 

自分がいつも自分の胸の中心にいて、あるべき道を歩めますように。

 

そして、どんな時も自分の内側にある力を信用すること。

 

 

自分がそうありたいという気持ちと、そんな力をとりもどしたい人にはヴァイタル・タッチセラピーや講座や文章を書くことでお役に立てますように。
  

 

■ヴァイタル・タッチセラピー
新年禊割引10%off 1月15日まで

 

1月のご予約可能日
7日、9日、10日、12日、13日、15日、16日、19日、21日、22日、25日、26日、27日、30日

 

時間は下記よりご確認ください
https://yurikokomatsu.com/reservation

 

■開催予定の講座
「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」(残席1名)
日程:2020年1月17日(金)
時間10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/579499

 

「エフルラージュ上級:サウザンハンド&ロングストローク」
日程:2020年1月29日(水)
時間:10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/878428
 
■スクール
https://touchforworld.amebaownd.com
リクエストに応じて開催いたします。お気軽にお問い合わせください。

「哲学と宗教全史」「マイトレーヤの使命」そしてspectator

2020年最初の読書がなかなか濃いめ。

 

 

昨年末、前世はチベットの寺子屋で肩を並べて学んだ仲のたまちゃんから、メルカリに出したところを下げさせて買取した「マイトレーヤの使命」。

 

ずっと気になっていたこの本がこのタイミングで来るとは、エソテリックなキリスト=マイトレーヤ意識を深める学びはまだまだ継続の模様。

 


そしてエソテリックな知識を人間界から検証するような「哲学と宗教」が私の求めていた書すぎて!!

 

宗教、哲学、自然科学の膨大な知識を俯瞰して噛み砕く出口治明さんの知力(たぶん、この方もまたエソテリックな世界観で言うところのイニシエートであろう)。

 

まだ読み始めだし、最後まで完走できるかわからないけれど。

 

世界は、そして宇宙はどうしてできたのか。人間は何のために生きるのか。

 

そんな深淵な問いを追いかける全ての人々が読むべき。

 

 

そんなわけで、「哲学と宗教」に登場する偉人たちの霊的な進化度合いを「マイトレーヤの使命」巻末のイニシエートのリストで確認しながら読み進める、というマニアックすぎる読書(笑)

 

ちなみにイニシエートは5ランクあって、イエスが4、ダビンチ4.4、アインシュタイン2.2、ジョン・レノン1.6、みたいな感じです。

 

まぁほとんどの人は宇宙レベルのスピリチュアリティで見たら下々中の下々(笑)


 

spectator「クリエイティブ文章術」は、北山耕平さんのインタビューと原稿がカッコ良すぎて永久保存版。(以下、部分抜粋)

 

 

「ぼくは書くことが好きだ。愛している。かつてポール・ウィリアムズは「書くことは宇宙とファックすることだ」と言ったことがある。つまりぼくは、宇宙とファックすることが大好きなのだ。」

 

 

「宇宙と接触を保つには、いくらでも多くの道があるということを、まず、知って欲しい。書くことは、その道の一つにすぎないのだから。」

 

 

私たちを突き動かす欲求が向かっているもの。そこから、宇宙とつながる。

 

セラピーや、それにまつわることを通じて、宇宙とつながる。

 

そんな2020年でありますよう。

 

 

■ヴァイタル・タッチセラピー

新年禊割引10%off 1月15日まで

 

1月のご予約可能日
7日、9日、10日、12日、13日、15日、16日、19日、21日、22日、25日、26日、27日、30日


時間は下記よりご確認ください
https://yurikokomatsu.com/reservation

 

 

■開催予定の講座
「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」(残席1名)
日程:2020年1月17日(金)
時間10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/579499

 

「エフルラージュ上級:サウザンハンド&ロングストローク」
日程:2020年1月29日(水)
時間:10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/878428
 
■スクール
https://touchforworld.amebaownd.com
リクエストに応じて開催いたします。お気軽にお問い合わせください。

2020年は生箱根駅伝から!

お正月はデジタルオフしてましたが、そろそろ活動開始。

 

今まで全く見たこともなく、ニワカですらないのだけど、近場にいたので早朝ちい散歩して箱根駅伝。

 

 

 

 

 

 

現場が近づくにつれ、ヘリコプターのバリバリ音と、木陰から漏れ聞こえる声援。

 

角を曲がった瞬間に待機する人垣が現れる。「もうすぐ来ますよー!」と知らせてくれるお巡りさん。

 

「これからくるのは○○大学の選手だよ」と実況中継してくれるおばちゃんのおかげで情報には事欠かず、しまいにはお巡りさんが「後何人かな?」と聞く始末(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

「がんばれー!」とあちこちから飛ぶ声を背中に受け、下り坂を疾風のように駆け下りてゆく選手たち。

 

太陽の光に向かって、風が駆け抜ける。

 

清々しい、とはこのことか。

 

 

 

 

 

正月から良いもの観ました。

 

 

また着々と。

 

一年を駆け抜けましょう。

 

2020年は1月15日まで新年禊割引10%off!

 

モミ初めご希望の方はご連絡くださいませ。

 

 

 

■ヴァイタル・タッチセラピー
新年禊割引10%off!1月15日まで

 

1月のご予約可能日
7日、9日、10日、12日、13日、15日、16日、19日、21日、22日、25日、26日、27日、30日


時間は下記よりご確認ください
https://yurikokomatsu.com/reservation

 

■開催予定の講座
「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」(残席1名)
日程:2020年1月17日(金)
時間10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/579499

 

「エフルラージュ上級:サウザンハンド&ロングストローク」
日程:2020年1月29日(水)
時間:10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/878428
 
■スクール
https://touchforworld.amebaownd.com
リクエストに応じて開催いたします。お気軽にお問い合わせください。

土に還り、宇宙に意識を飛ばすセレモニー。ヴァイタル・タッチセラピー禊セッション

12月19日の誕生日(そしてアトリエオープン7周年)より前から気づけば休みなしの師走。

 

プレゼントで頂いたお花をアトリエに飾って眺めながら突っ走り、昨晩やっと2019年モミ納めました。

 

 

 

わたしがヴァイタル・タッチセラピーでやりたいこととは、限りなく「儀式(セレモニー)」的なことなんだよな、とあらためて。

 

細胞が日々生まれて死んでいくように。

 

生きながらにして、生まれ変わっていく。

 

心と身体を刷新し、本当のその人自身を掘り起こす。

 

 

「土に還り、死んだ人のような気持ちになり、再度生まれた」

 

「走馬灯のように色んな場面が浮かんだり、雑念がポコポコ出たり、研ぎ澄まされたような感覚になったり」

 

「宇宙空間に発射!急激に宇宙に意識を投げ飛ばされ、戻ってくる感じでした」

 

 

年末の禊セッションで頂いたご感想の数々。

 

自分で自分の施術は体験できないからこそ、ありがたく胸に留めておきます。

 

 

新年は1月4日から。

 

年内ご予約満了で受けていただけなかった方のために、15日まで禊セッション割引継続しますので、モミ初めをご希望の方はぜひ。

 

 

さて、本日はもう10数年お世話になっている仕事先へ。

 

その後仕事納め!最後まで走り抜くぞ〜。

 

 

自分が担当したボディケアジャパンのご報告や、ダイアローグインザダークの記事、まだ終わってないマグダラのマリア旅日記、トーマス・マイヤースの筋膜講座の復習などなどは2020年に持ち越し!(笑)

 

■ヴァイタル・タッチセラピー
年内のご予約は満了となりました。
新年は1月4日からご予約可能です。
時間は下記よりご確認ください
https://yurikokomatsu.com/reservation

 

■開催予定の講座
「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」(残席1名)
日程:2020年1月17日(金)
時間10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/579499

 

「エフルラージュ上級:サウザンハンド&ロングストローク」
日程:2020年1月29日(水)
時間:10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/878428
 
■スクール
https://touchforworld.amebaownd.com
リクエストに応じて開催いたします。お気軽にお問い合わせください。

オイルトリートメントに役立つファッシア(筋膜)リリースを学ぼう!

全ての仕事に言えるのは「想像力」が大事、ということだと思う。

 

相手のニーズを読み取る想像力、実現のために必要な行程への想像力。

 

 

セラピーの技術に関しても同様で、身体の下で何が起こっているのかを想像する力があるかないか?

 

今自分は組織のどの深さに対してアプローチしているのか?といったことを想像できるか否かでセラピーの仕上がり感は格段に変わる。

 

そういう意味で、自分のセラピーのクオリティも「解剖実習体験前」と「解剖実習体験後」で大きく変わったように思う。

 

 

僧帽筋のパイシートのような薄さや、マグロのサクのような大臀筋。

 

それらの下にあるはずの、さらに深い筋層。

 

そして、それらの動きを制限する「皮膚」や温度によって変化する「脂肪」の柔らかさ、その中に存在する「浅層のファシア」のテクスチャー。

 

 

「筋膜リリース」という言葉がトレンド入りしているけれど、「筋膜=ファシア」には様々なレイヤーがあり、自分の採用している徒手療法はどの層に向かって行われているものなのかを想像する。
 


身体をスケルトンで見るような眼差しを手に入れる。
 
ファシアが緩むとはどういうことなのかを理解する。
  
そうすれば、優しいオイルトリートメントでも十分に満足度と結果を出すことができる。

 

 

 


 
ボディケアジャパンでそれを伝えてもらうためにお声がけしたのは「エフェクティブタッチ®︎」の小澤 智子先生。

 

 

実は、私がお声がけした先生の中で唯一その講義を聴いたことがなかった上に、講義当日も仕事の関係で聴講することがかなわなかったのです(涙)

 

 

それでも小澤先生にお願いしたのは、何回かお会いさせていただき、ご著書の「エフルラージュの教科書」を拝読し、さらに小澤先生が育てあげたたくさんの生徒さんと交流をしていく中で、「この先生なら絶対マチガイない!」と確信したから。

 

 

ちょうど小澤先生が「トーマス・マイヤースの筋筋膜解剖実習」に参加する1年前に私も同じ実習に参加しており、間接的に同じ情報を共有していることがわかっていたのも大きな理由の一つ。

 

 

 

残念ながら講座には参加できなかったけれど、生徒さん達からの感想を拝見していると、予想通りの素晴らしい講座だったようです!

 

 

 

 

小澤先生もブログに書いてくださっているので、ぜひこご覧ください!


無事にボディケアジャパン終了しました

 

 

澤先生と何かできたら。。。。の第一歩が踏み出せてうれしかったです!

 

芸術的な心地よさと、解剖学的な裏付けが共存することで深みが増すオイルトリートメントならではの素晴らしさを、小澤先生と一緒に伝えていきたいな〜。

 

 

 

■ヴァイタル・タッチセラピー
年内のご予約は満了となりました。
新年は1月4日からご予約可能です。
時間は下記よりご確認ください
https://yurikokomatsu.com/reservation

 

■開催予定の講座
「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」(残席1名)
日程:2020年1月17日(金)
時間10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/579499

 

「エフルラージュ上級:サウザンハンド&ロングストローク」
日程:2020年1月29日(水)
時間:10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/878428
 
■スクール
https://touchforworld.amebaownd.com
リクエストに応じて開催いたします。お気軽にお問い合わせください。

 

薬剤師セラピストが教える!女性のココロとカラダに寄り添うアロマ

アロマセラピーは人生の友、だと思っている。

 

20代後半に「精油」と出会ったあの日から。

 

 

でも「嗅覚と心のつながり」から入った私は、当時全く知らなかった。

 

精油は心に働くだけではなく薬理効果があり、「薬」のようなものだからこそ「禁忌」や「取り扱いにおける注意」が必要であることを。

 

お風呂に精油を原液でジャンジャン入れて、お腹真っ赤でヒリヒリにしたり(笑)

 

会社のデスクでベンダーカップにお湯と精油を入れて芳香浴をキメこんだら、プラスチックが溶けて(!!)デスクにお湯がもれてビシャビシャになったり(笑)

 

まぁ、初心者がやりがちな失敗は大抵経験済み。

 

 

どうやら、精油を安全に使うにはある程度ルールを守る必要があるらしい。と、やっと気づいてアロマセラピの基礎的なクラスに通いだしたわけです。

 

 

そして10数年が経ち。

 

アロマセラピーを啓蒙する側に回って心配なのは、アロマがメジャー化した現在、かつての私のようなアロマ入門者たちが、かなりデンジャラスな使い方をしていること。

 

OLさんたちはまるでお守りのように自分が好きな精油だけを使い続けたりするので、ただでさえアレルギーなどのリスクは上がる。

 

それを原液使用するのが流行っていることは、本当に震える事態。

 


 
ボディケア業界でも、同じく。

 

勤めた店のメニューにあるからというだけで精油を知らぬままに「アロマセラピートリートメント」を業務上やらざるを得ないというシチュエーションもあるある。
 


そして、すでにアロマセラピーを学んでいる者でも、日々精度が上がっていく精油の安全性に関する情報をアップデートしなくてはいけない。
 
そんな危機感があったからこそ、今回のボディケアジャパンには絶対アロマセラピーに関する講座があるべき!と、強く思い。

 

オファーしたのは薬剤師であり、日本ホリスティック医学協会理事でもあるアロマテラピスト久保田泉先生。

 

 

私が担当した講座の終わりでちょっとご紹介したら、すぐに講座が始まる勢いで話し出すパワフルでチャーミングな方!

 

 

 
「中学生の頃からずっと薬を信頼してきて薬剤師としても長年経験を積んできた。

 

でも、そんな薬にもできないことがアロマテラピーにはできるんです!

 

そして ”正しく使えば” 精油は限りなく安全。

 

私の残りの人生は、アロマテラピーに賭ける!ホリスティックなアロマテラピーに!」

 

 


そんな魂のこもった泉先生の言葉の数々が、こちらの魂も震わせる。

 

薬が病を治すこともあるけれど、それ以前に、病に至る前の生活に問題がある場合がほとんど。

 

精油はそんなライフスタイルを変えることにとても役立つ。

 

 

 

 

クラスでは「女性の一生に役立つ」というテーマを設けたのだけど、精油は女性のためだけのものではなくて。

 

人間の一生は生老病死のドラマ。

 

息を吐きながらオギャアと生まれ、息を吸い込んでフッと命を閉じる。

 

例えば、緩和ケアの現場で「香りってご馳走よね。その一瞬は辛いことを忘れてしまう」とおっしゃる患者さんがいる。


死を手繰り寄せながら生きている、その一生の中で。

 

一日の中に「香り」があることで、人生はきらめき豊かになる。

 

 

「人生の最期の瞬間。大好きな香りに包まれ、それを吸い込みながら死ねたらどんなに幸せでしょう?」


 
泉先生は「最期の時の香り」を選んで決めているのだそう。

 

でも、香りの希望は変化していくから、都度アップデートするようにしているのだとか。

 

人生をかけて、泉先生が啓蒙しようとしている「ホリスティックなアロマテラピー」。

 

その本質に触れる、とてもふくよかな時間となりました。

 

 

 

開封したて!という同じ条件のラベンダー精油を違うメーカーで嗅ぎ比べ。

 

微細ですが、やはりそれぞれ違うのです。

 

先入観にとらわれず好きな香りを選び、ペパーミントやオレンジとブレンドしてジェルクリームを作りました。

 

 

 

 

アロマテラピーの安全性を考える会」の小林彩子さんがアシスタントで入ってくださっていました。

 

もっともっと先生のお話を聞いてみたい方は、「アロマテラピーの安全性を考える会」にもぜひ足を運んでみてくださいね。
 

 

■ヴァイタル・タッチセラピー
年内のご予約は満了となりました。

新年は1月4日からご予約可能です。
時間は下記よりご確認ください
https://yurikokomatsu.com/reservation

 

■開催予定の講座
「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」(残席1名)
日程:2020年1月17日(金)
時間10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/579499

 

「エフルラージュ上級:サウザンハンド&ロングストローク」
日程:2020年1月29日(水)
時間:10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/878428
 
■スクール
https://touchforworld.amebaownd.com
リクエストに応じて開催いたします。お気軽にお問い合わせください。

ボディケア業界で豊かに生きる〜セラピスト成功のための設計図

31日まで仕事納まらないのだけど、人が休む時に働くのがセラピストだから、それはそれでありがたい話。

 

ただし、1人ブラック企業化しないように注意が必要でもある。

 


「お金がある」ことと「豊かである」ことは微妙にちがう。

 

物質的に満たされていても、自分の心や肉体が削られていくようでは「豊か」であるとは言えない。

 

 

「心と身体」を扱う仕事であるからこそなおさら、セラピストを生業としていく中で「お金を得る」ことと「豊かである」ことを共存させていくことが大事なのではないかと思う。

 

 

 

 

その軸を作るためのお話をボディケアジャパンでお願いしたのが、「セラピストの学校」校長の谷口 晋一先生。

 

癒し業界において様々なスタイルのセラピストたちのコンサルティングを手がけてこられた中からわかってきた「セラピストのステージ(成長段階)」と「どのステージにいても変わらない豊かさのベース」についてお話していただきました。

 

 

 

 

対人援助職においての豊かさの鍵は「人」。

 

豊かさの秘訣は、個々のお客様との関係をそのセラピストでしかできない形で築くこと。

 

お客様との関係性も変化していくから、お客様自身の心と身体の状態はもちろんのこと、人生のフェーズも含めてつぶさに観察していく。

 

自分の心と身体を自分位以上に知ってくれている存在であるセラピスト。

職場でもプライベートでもない「第三の場」としての「サードリレーションシップ」を育むことが、セラピストの豊かさにも関わってくる。

 

 

 

そんなお話聞きつつも、大事なのは言語化の作業!

 

自分のセラピストとしての軸を固めるポイントや、自分の第一印象を知ることを、ワークショップを通じて体感していきました。

 

 

豊かさを生むのは、自分を知り、お客様を知ろうとする丁寧な作業の積み重ね。

 

 

じっくり堅実にコツコツと、が吉となる山羊座木星期の2020年にこういうテーマに改めて取り組むのも良さそうです。

 

 

 

 

 

■ヴァイタル・タッチセラピー

年内のご予約は満了となりました。
新年は1月4日からご予約可能です。

 

時間は下記よりご確認ください
https://yurikokomatsu.com/reservation

 

 

■開催予定の講座
「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」(残席1名)
日程:2020年1月17日(金)
時間10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/579499

 

「エフルラージュ上級:サウザンハンド&ロングストローク」
日程:2020年1月29日(水)
時間:10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/878428
 
■スクール
https://touchforworld.amebaownd.com
リクエストに応じて開催いたします。お気軽にお問い合わせください。

「人間になる」ためにプラグをつなぐ。ヴァイタル・タッチセラピー

 

イエス・キリストにゆかりある場所を旅した後、キリストの神聖さよりもイエスの人間くささを良く感じるようになった気がする。

 

ちなみに写真はナザレの受胎告知教会にて。

 

イエス生誕の地ベツレヘムは行けなかったのでした。

 

 

 

そんな中、クリスマスを狙って禊セッションにいらしたお客様の2020年の目標をお伺いしたら、「人間になりたい」と(笑)

 

 

「人間になる」「人間である」ってどういうことなのか。

 


 例えば、臓器や筋骨格、脳神経などを包括する肉体があること。

 

それだけでなく、肉体が感情や思考と結びついていること。

 

 

その個の結びつきに、様々な外界からの刺激でゆらぎが生じること。ゆらぎを受け止めながら真ん中を探そうとしながら生きること。

 

そんな個と個が繋がりあって、世界を広げていくこと。

 

 

 

魂が自由な人からしたら、肉体や感情ははまどろっこしくて、時に不自由な制限を感じるかもしれない。

 

そういうある種の「宇宙人」タイプな人っていると思っていて。

 

 


ひょっとしたらたまたま地球に旅しにきただけなんじゃないかな。

 

地球のアトラクションは「肉体」という乗り物に乗って、数十年間周遊すること。

 

その間に起こる様々なイベントに応じて「感情」「感覚」を味わえるのは地球ならではの特典なので、ぜひ楽しんでください。的な(笑)

 

身体を知る、感情を知る、感覚を知る。そうすると、きっと「人間になる」。

 

 


「なんか“あっ!プラグインした!つながった”って思ったんです。」

 

とは、セラピー後のお客様のコメント。

 


脊柱キワのを肘で深くアプローチした時に突然その感覚が起きたらしい(笑)

 

もちろん、全ての方に保証することができない感覚ではありますが。

 

身体、感情、感覚をつなぎたい人には、ヴァイタル・タッチセラピーおすすめだと思います。
 

 

年内はあと28日、30日にご予約可能です。

 

年明けは1月4日から。

 

モミ納め、モミ初めご希望の方はぜひ。

 

 

■ご予約可能日
12月28日(土)29日(日)30日(月)
新年は1月4日からご予約可能です。

時間は下記よりご確認ください
https://yurikokomatsu.com/reservation

 

■開催予定の講座
「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」(残席1名)
日程:2020年1月17日(金)
時間10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/579499

 

「エフルラージュ上級:サウザンハンド&ロングストローク」
日程:2020年1月29日(水)
時間:10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/878428
 
■スクール
https://touchforworld.amebaownd.com
リクエストに応じて開催いたします。お気軽にお問い合わせください。

幸せな脳力開花のために!原始反射統合とブレインジム

自分が赤ちゃんの時、どんな動きをしていたか覚えている人はほとんどいない。

 

もちろん、寝返りをうつ、ハイハイする、つかまり立ちする、など一般的な人としての進化過程のようなものは経験的に知っているけれど、どんな環境の中で、どんな動きを多くあるいは少なく行なっていたか、というのはほとんど運任せの領域。

 

でもその動きが刺激となり、私たちの中枢神経を統合し、育てていく。

 

 

誰もが赤ちゃん時代に行われていた「原始反射」呼ばれる特定の刺激に対する反射運動もまた、自然な動きの中で統合されていくべきものだけれど、諸条件によって何か統合が不全なところがある場合もあり、それは今大人として生きる私たちの「動きの質」に関わってくる。

 

 

「わかっちゃいるけど、なんでかできない」

 

「体と頭が繋がって動かない」

 

 
私にもある、そんな感覚。

 

例えば「背骨が滑らかに動く」ということに関しては、決定的に「自分、不器用なんで」と急に高倉健みたいなことを言いたくなるし、もし自分の体が滑らかに動いたら、ある種のアセンション(次元上昇)ができるんじゃないかとすら思っている(笑)

 


私の背骨が滑らかに動くかどうかは、世界に対して影響を与えないけれど、例えば音楽家やオリンピック選手のパフォーマンスに影響しているとすれば、原始反射の統合はものすごい大事な訳で。

 

いずれにしても「動きの質」がもっと上がれば、私たちはもっと幸せに軽やかに、生きていくことができるのではないか。
 

ということで、嵯峨 慈子先生による原始反射統合のクラス@ボディケアジャパン

 

 

 

 

 

今回のテーマは「背骨」「背中」。

 
まずは「過去の自分の体」に思いを馳せ、どんな原始反射統合がなされていて、何がなされていないか、四つん這いや立位でチェックしていきます。

 

 

 

 

やりにくいところ、ワークしてみたいところを見つけたら、今回はヨガで言うところの「キャット&カウ」のような動き、つまり四つん這いの状態で、背骨を丸めたり反らせたりする動きを行います。
 

ただし、この時ペアになった人に背骨の棘突起を腰椎から一つずつ、軽く刺激してもらい、その骨だけを動かすような感じで行う。

 

 

 


「タッチ」のマニアでもある私ですが、この「触れる」がかなりポイントだと感じました。

 

ただ、この場合大事なのは「触れ方」と言うよりは「触覚刺激を目的箇所に入れてあげる」こと。

 

 

「体」の認知機能をあげる。脳と神経の対話をさせ、理解しあうような感覚。

 

原始反射を統合することで、意図して動ける能力が高まる。

 


いや、もうこのちょっとしたことで、背骨が滑らか!ふわふわ軽〜い!歩く感覚も全然違う(笑)

 

お願いだから、誰か毎日私の背骨を触れにきてほしいとすら思う(笑)

 
そして、「いつもやっているあの動き」が、実は原始反射統合に役立っていることも多いのではないかと思うので、あらゆるボディケアに携わる人は「原始反射」知っておくといいと思います!

 

 

 

ブレインジム」をテーマにした脳力開花のもう一つのクラスで使った「パフォーマンスアップ」のための、AROMA&CARD。

 

嵯峨さんのディレクションだそうです!

 

さすがIFPAアロマセラピストチューター♪良い香りでした。

 

 


■ご予約可能日
12月28日(土)29日(日)30日(月)
新年は1月4日からご予約可能です。

時間は下記よりご確認ください
https://yurikokomatsu.com/reservation

 

■開催予定の講座
「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」(残席1名)
日程:2020年1月17日(金)
時間10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/579499

 

「エフルラージュ上級:サウザンハンド&ロングストローク」
日程:2020年1月29日(水)
時間:10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/878428
 


■スクール
https://touchforworld.amebaownd.com
リクエストに応じて開催いたします。お気軽にお問い合わせください。

ネット依存時代のボディケアに役立つ東洋医学

デジタル化の利点とリスク。

 

それが私たちの身体にどう影響するか。

 

そんな問題提起を東洋医学的見立てから読み解くボディケアジャパン 鈴木 康玄先生のクラス。

 

 

 

 

パソコンやスマホ、ネットはあくまでもツール(道具)。

 

かつて道具は私たちの感覚や能力を拡張するために考え出されたものであり、その使用感などテクスチャーを丹念に感じて使いこなすことで道具が私たちの感覚を育ててもいた。

 

 

つまり、かつてのアナログな世界観は実にソマティックだった。

 

今や全てがポチッと押したり、スワイプしたりするだけ。はたまた「声」を使えば手指を使う必要すらない。

 

そうして「体の動き」はあらゆる活動から奪われていき、代わりに酷使されるのは「神経系」。

 


 

目、頭に受動的に情報が送り込まれ続ける。無料広告によるソフトな洗脳、知らずに奪われる時間。

 

気づけば「自ら考える・感じる時間」も無くしている。目的なくネットサーフィンしつづけるのはもはや「依存」。

 

脳が興奮するのを止められない。

 

そして知らずに陥る睡眠障害、神経過敏、眼精疲労、運動不足、共感能力の低下。

 

 

すみません、ほとんど自分用のノートみたいになってますけど(笑)

 

 


 
 

どんどん身体性が奪われてゆくこの世界で生きていくために必要なのが、「能動的な感覚インプット」。

 

 

「精=本能」を充実させ(腎)そこから生まれる目的を大事にすること。

 

そして、筋肉を使って自ら動き(肝)、経験の質(脾)をあげ、さらには命の反応(心)の質も変えていく。

 

それらを神経系や感覚(肺)に落とし込み、休息とともに脳に定着させる(腎)。

 

今回ネット依存と関わりが深い経絡として、ピックアップされたのは一点凝視による目の疲れや座りっぱなしにによる臀部の緊張に関係する胆経。

 

そして首〜肩の筋緊張や交感神経の興奮に関係する膀胱経。

 

 

 


どんなボディケアにも組み合わせられる頭に登りがちな気をクールダウンし、体側や背面がゆるむテクニックを伝授してもらいました。

 

 

 

東洋医学は実に美しくデザインされている、世界のあらゆる事象を説明することができるフレーム。

 

説明するだけなくて、解決法もちゃんと含まれているのも東洋医学の素晴らしさ。

 

ボディケアの道を歩む中での一般教養として概念を頭に入れておくべきものの筆頭だな〜と改めて感じました。

 

 

 

サマソニ関係の鍼灸師さんたちもたくさん参加してくれてうれしかったな〜。

 
ヤスくんは定期的に「康塾」というセラピストも参加可能な東洋医学講座を開催しているので、ぜひ参加してみてください。

 

 
 
 

■ご予約可能日
12月28日(土)29日(日)30日(月)
時間は下記よりご確認ください
https://yurikokomatsu.com/reservation

 

■開催予定の講座
「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ」(残席1名)
日程:2020年1月17日(金)
時間10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/579499

 

「エフルラージュ上級:サウザンハンド&ロングストローク」
日程:2020年1月29日(水)
時間:10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/878428
 
 
■スクール
https://touchforworld.amebaownd.com
リクエストに応じて開催いたします。

お気軽にお問い合わせください。