人間とは、脊椎動物である。

人間とは、脊椎動物である。

 

と、強烈に感じる体験をした。

 

水の中で。

 

 

 

 

 

 

「水に浮かぶ」というのも最近のテーマなのかもしれない。

 

死海に浮かび、地中海に浮かびながら運ばれ、そして、昨日は水に浮かびながらのセラピーを受けた。

 

 

 

 

 

地中海を船で移動していたとき、旅の仲間が「毎晩、地球の子宮の中に浮んでいるようだ。」というようなことを言っていた。

 

大きな船だから揺れはほとんどないのだけど、ふとした時に足元がうねる感覚があり、窓の外にはただただ母なる海が広がっている。

 

その海に浮かび続ける5日間の後は、地上にいてもふとした時にうねりが感じられていた。

 

そんなうねりも治まってきた最近。

 

 

水の中でボディワークを受けるという体験してきました。

 

 

 

 

ダンスの始まりのように優しく手を取られて、水の中に誘われる。

 

浮き始めて最初に感じられるのは、自分の呼吸音。

 

 

顔は水面に浮かんでいるけれど、耳に響くその呼吸音はすでに水中にいる時特有のもので、自分の呼吸の長さ、大きさ、深さ、というものにいつもの10倍くらいマインドフルになる。

 

 

 

 

 

以前、ジョン・C・リリー博士が開発した感覚遮断装置「アイソレーションタンク」によく浮かびに行っていた時にも感じたけれど、水の中で目を閉じていると、前後左右の距離感が全く分からなくなる。

 

今回も、すぐにそういった方向感覚や距離感はなくなって行く。

わずかに進んでるだけでも、スピード感を感じたりもする。

 

3次元的なものから自由になる。

 

 

 

 

 

セラピストさんのリードで優しく体を揺らされると、重力から解き放たれた水中では自分の体はものすごく「しなる」。

 

軽く上半身を揺らされるだけで、水の中の遠心力で足先まで大きな弧を描く。

 

うっすら目を開けると、ほんのわずかな揺らしを加えられているだけ。

 

 

なのに、まるで人魚のように、自分の脊柱が自由自在に柔らかに動き、その動きが全身に伝わる。

 

ただ任せて、たゆたう。

 

その女性性の象徴のような感覚を、楽しむ。

 

 

 

 

また、別の瞬間にはもっとプリミティブな感覚も訪れる。この動きは。。。。そう、古代魚!

 

背骨を左右にくねらせて、大胆に水をかき分け進む古代魚。

 

そうか、人間は猿から進化するさらに前には、海にいた生物から進化したんだったんだな。。。

 

と、自分の肉体構造に太古の名残があることを強烈に体感する。

 

そうやって、水の生物に戻っていく果てに訪れる、静かな時間。

 

。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。

 

 

水の上で爆睡(笑)なんならイビキもかいた。

 

私は深い眠りにつくと半目が開くのですが、それを明子さんにお伝えしてませんでした(笑)

 

起きてる?!いや、むしろ寝てる!?と戸惑われたようですが、それは爆睡状態のコマツです。

 

驚かせてごめんなさい(笑)

 

 

自分の脊椎にあるこの根源的なゆらぎ、やわらかさを知ることはとても大事だと思う。

 

陸にいても、この脊椎を思い出しながら生きていきたいし、自分の施術の中でもこのやわらかさを出せたら良いのだけど。

 

 

■開催予定の講座

触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ

日程:6月27日(木)

時間:10時〜17時

詳細:

https://touchforworld.amebaownd.com/posts/579499

 

「元宣伝マンセラピストが教える!ブランディング&感性的ライティング in 京都」

日程:6月25日(火)

時間:10時〜17時

詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/6163100

 

■ご予約可能日

お時間確認とご予約は下記からどうぞ。

http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー

心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。

植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。

http://yurikokomatsu.com/

 

■スクールはこちらから

https://touchforworld.amebaownd.com

 

カテゴリー未分類