静寂とカオスと真実〜マグダラのマリア巡礼㉑ 地中海に浮かぶ娯楽と欲望の船とウエサクの満月

 

せっかくの射手座満月の夜。

 

じっくりと先月地中海の海上で迎えた満月のことを振り返ろうと思っていたのに、アッサリ寝落ちしました(笑)

 

気を取り直して振り返り!

 

 

 

マグダラのマリアたちが、イスラエルから70人乗りの帆のない小舟でフランスに渡った、という言い伝えを踏襲し、私たちもいざ船でゆかん!

 

 

と、ローマのチベッタベッキア港から乗船したのは、マグダラのマリアたちとは対極の、いわゆる豪華客船。

 

 

イタリアの船会社MSCによりDIVANA号。

 

80年代感あるキラっキラなホテルがそのまま船!

 

 

 

もちろんデッキにはプール!

 

他にもいくつもあるレストラン、バー、カジノ、劇場、ジム、スパ、そして様々なアクティビティ。

 

中には4000人がごった返し、なんと16階建ての船内はまるで迷路。

 

強烈に現世的な欲望のラビリンス。

 

 

 

どこまでも神聖で静謐だったガリラヤ湖周辺から、宗教がカオスなエルサレム、権力と権威の象徴のようなバチカン、そしてこの娯楽だけを凝縮した船。

 

たった3日間の間に聖と俗の全てを体験し、価値観や意識が瞬時に変容していくその速さに、肉体が追いつかない。

 

夕食の記憶もほとんどないけれど、その夜は神聖なウエサクの満月。

 

 

 

 

食後はデッキに旅の仲間が集まりシェアリングと瞑想の時間を持った。

 

 

以下はその時に宮崎 ますみさんが話してくれたことのメモ。

 

「自己一致をしていると、宇宙に届きやすい。」

 

「私たちは純粋領域にカバーをつけてしまう。」

 

「私たち一人一人がクリエイター(創造主)である。」

 

「思考を打ち消さない。すべてに意図を持つ」

 

「大いなる愛の水路になる」

 

 

「自己一致」は個人的にも大切にしていることで。

 

わたしが「五感至上主義」であることや「ソマティック」というキーワードともつながる。

 

 

内側で感じていることを大切にする。

 

内側を過不足なく感じている自分が、世界と対峙していく。

 

その「内側」の領域を、肉体、感情、精神、そして魂のレベルまで深めていく。

 

 

 

そして、純粋領域を大事に、自己一致した自分で生きることが、自分以外の世界の喜びにつながる。

 

そんな風に生きられたら。

 

 

 

 

瞑想の後、残されたわずかな体力を振り絞ってさらに上のデッキでウエサクの満月の光を浴びる。

 

……といっても、みなさんが想像するような優雅さはゼロで、ゴウゴウと吹き荒ぶ海風にさらされる寒さや風圧との戦い。

 

 

 

 

 

i-phoneを飛ばされないように握りしめ、手ブレしないようにガシッと脇をしめて必死で満月を撮影という情緒のなさよ。。。

 

 

 

 

クレーターが見えるほどの月の写真は、旅友が撮影したものを拝借しました。

 

 

 

今からでもあの満月のエネルギーを、しっとりと感じよう。

 

 

 

■開催予定の講座
触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ
日程:6月27日(木)
時間:10時〜17時
詳細:
https://touchforworld.amebaownd.com/posts/579499

 

「元宣伝マンセラピストが教える!ブランディング&感性的ライティング in 京都」
日程:6月25日(火) 
時間:10時〜17時
詳細:https://touchforworld.amebaownd.com/posts/6163100

 

■ご予約可能日
お時間確認とご予約は下記からどうぞ。
http://yurikokomatsu.com/

 

■ヴァイタル・タッチセラピー 
心と身体、魂をつなぐ120分間の濃密なオイルトリートメント。
植物の力、鉱物の力、そして人の手の力が全てあわさった禊のようなセッションです。生まれたてのまっさらな自分に再会したい方におすすめ。
http://yurikokomatsu.com/

■スクールはこちらから
https://touchforworld.amebaownd.com

カテゴリー未分類