触れるケア(タッチケア)の心の諸相と実際/“つながりを再生する”体験ワークショップ

なんのお金もかけず、身一つでできるストレスケアの基本はタッチと呼吸。

 

「触れる」というシンプルで、でも抜群の効果があることの力を抜きにしてセラピーを語れないとも思っています。

 

 

 

でも、意外とボディケアの現場では「技術」の方に重きを置く人が多くて、「タッチの力」って軽視されがちなのが歯がゆい。

 

そして、この長くジワリジワリと続くコロナ禍だからこそ。

 

接触を無意識にこわがってしまう世界になりつつあるからこそ。

 

「タッチ」の大事さにもう一度触れてほしい。

 

 

 

そんな気持ちで、「ボディケアジャパン2020」では中川れい子さんにご登壇のオファーをさせてもらいました。

 

特定非営利活動法人 タッチケア支援センター」の活動を通じて、うつの方へのタッチによる支援もされているれい子さん。

 

セルフタッチによって、どのように心の状態が少しずつでも変化していくか、ということもよくご存じです。

 

 

「うつや、発達障害、統合失調症の方や、また、病的傾向がなくても、触れられるのが苦手な方って、とても多いので、そういう方へのかかわりをテーマにしてみようと思います~。

 

地味なテーマですが、ご関心のある方にご参加していただけると嬉しいです。」

 

 

↑ご本人からいただいたコメント。

 

本当にこの時代だからこそ「うつ」やそのケアは、誰もが知っておく必要があると思います。

 

なによりも、私がとてもお伺いしたいテーマでもあります。

 

ふだん健康領域にいるからこそ、そういう繊細な領域にいる人たちへの理解を深めておきたいのです。

 

 

第一部の「触れるケア(タッチケア)の心の諸相と実際」では、メンタルケアとタッチの関係性についての解説をじっくりと、第二部「“つながりを再生する”体験ワークショップ」では実際にご自身に触れる「タッチ」や、さまざまなワークを行います。

 

セラピストはもちろんのこと、ご自身のケア、身の回りのケアに「触れる」ことを取り入れていきたい方にはぜひ参加していただけたら嬉しいです!

 

 

ちなみにタッチといえば。。。。

 

クレヨンハウス発刊の「いいね」12月号に山口創先生と、中川れい子さん監修の記事が掲載されているそうです。

 

image

 

image

 

image

 

 

 

こちらもぜひご覧になってくださいね。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆

 

【ボディケアジャパン 2020 ※早割は8日まで!】

 

■日程:11月13日~15日(録画受講は12月末日まで)

■web site:https://bodycare-japan.com

 

■11月15日(日)

中川れい子:触れるケア(タッチケア)の心の諸相と実際/“つながりを再生する”体験ワークショップ

 

 

 

小松ゆり子:「クオリティ・オブ・タッチ」入門~触れるその前の大事なハナシ~

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆

 

■ヴァイタル・タッチセラピー

11月〜12月のご予約受付中です

ご予約可能日とお時間は以下からご確認ください。

https://yurikokomatsu.com/reservation

 

 

■スクール

https://touchforworld.amebaownd.com

 

 

■オンライン:元宣伝マンセラピストが教える!ソマティック・プロモーション

※ 全4回クラスですが単発受講も可能です。ぜひお気軽にご参加ください。

 

①「セラピスト哲学の軸をつくろう」

②「ブランディングと宣伝の基礎」

日程:次回、2021年日曜日クラス&月曜日クラス開催調整中

 

③「感性のスイッチを押す方法」(月クラス)

日程:11月9日(月)

時間:13時から15時(延長の可能性あり)

詳細:https://www.facebook.com/events/2669300059980861

 

 

④「感性的ライティング」(月クラス)日程:11月16日(月)

時間:13時から15時(延長の可能性あり)

詳細:https://www.facebook.com/events/437637570548586/

 

 

 

 

カテゴリー未分類