ポストコロナの世界で生き抜く「セラピスト哲学の軸」をつくろう!

 

「もう、私たち昔のままじゃいられないの。」

 

緊急事態宣言が解除されると聞いて、そんな青春ドラマみたいなセリフを口にしたくなった(笑)

 

仕方ないよね、世界はもう次の段階に入ってしまった。

 

 

わたしたちの生活になくてはならないものは、よりハッキリする。

 

それは不要不急うんぬんということではなく、自分の心の中で歴然としてしまう、という感じ。

 

 

触覚や嗅覚、味覚に関することはある種の贅沢品になった。

 

食にしても健康維持にしても、ある程度のことは自分でなんとかできるけれど、どうしても人の手が加わったものが食べたかったり、どうしても人の手で触れられたかったりする。

 

しかも、今までよりも自分にピッタリくるもの、安全なものを精度高く探すと思う。昔のようにおいそれとモノを口にしたり、身体に触れさせるわけにはいかないのだから。

 

そんな「抗えない出来事」に対して、セラピストはどうやって適応していくのか?

ということについて、考えを巡らせた「セラピストの学校オープンキャンパス」。

 

 

 

主催の谷口 晋一先生によれば、セラピー業界はこうした「抗えない出来事」を何度ものりこえながら「適応」し、発展してきた。

 

バブル崩壊の後の癒しブームから始まり、死生観を変えてしまう震災などの出来事を経ての、今回のコロナ。大手のサロンやスクールが全盛だった時代は過ぎ去り、よりセラピストの「個」が問われる段階に入ってきた。

 

 

「歴史に学ぶ」とはよく言うけれど、セラピーの世界もまた然り。

 

正解はない。

 

だからこそ、自分で情報をあつめ、取捨選択し、自分の軸を模索していく。

 

様々な立場のセラピストの皆さんとそうしたことを話し合えてよかったです!

 

 

 

そして、今後のセラピー業界に対して自分ができることとして。。。

 

「元宣伝マンセラピストが教える!」シリーズをいよいよオンラインにてスタートします。

①「セラピスト哲学の軸をつくろう」
②「ブランディングと宣伝の基礎」
③「感性のスイッチを押す方法」
④「感性的ライティング」

セラピストの宣伝やブランディングも、もう以前のままではいられないと思うんですよね。

 

もっともっと、自分たちの想いを明確にして伝えていかないと、クライアントは「安心感」を感じられない。

 

 

「感覚重視」のセラピストという人種が「言語化」が苦手なのはよく知っている。

 

でも、「想いを言葉にするのは苦手なんです。。。」なんて、言ってられないですよ、正直言って(笑)

 

みんな情報のウラを読む力をつけてしまったから、体裁だけ整えた薄っぺらい投稿も、通用しなくなると思います。

 

 

オンライン:元宣伝マンセラピストが教える!①「セラピスト哲学の軸をつくろう」は今週日曜日の朝10時に開催!

 

「一人じゃちょっと、適応していけないかも。。。」という方、お手伝いしますのでぜひご参加くださいね。

 

平日や夜時間ご希望の方は、今ならご要望聞けるかもしれないので、メッセージください!
 

 

■開催予定の講座
「オンライン:元宣伝マンセラピストが教える!①「「セラピスト哲学の軸をつくろう」

日程:5月31日(日)
時間:10時〜12時(延長の可能性あり)
詳細:https://www.facebook.com/events/567545487490023/
定員:10名
受講料:¥5,000(各回ごとのお支払い)

 

「元宣伝マンセラピストが教える!シリーズ」

①「セラピスト哲学の軸をつくろう」
②「ブランディングと宣伝の基礎」
③「感性のスイッチを押す方法」
④「感性的ライティング」

 

全4回ご参加いただくことを推奨しますが、単発受講も可能です。
ご希望の方はメッセンジャーから連絡いただいてもOK!



【オンライン講座準備中!】

「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ オンライン講座」
「心と身体をつなぐ〜ソマティック・セルフケア オンライン講座」

■ヴァイタル・タッチセラピー
6月1日以降のご予約とお時間は下記よりご確認ください
https://yurikokomatsu.com/reservation 
 
■スクール
https://touchforworld.amebaownd.com
リクエストに応じて開催いたします。お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー未分類