人とつながる、世界とつながる「セラピストのシャベリ場 ON LINE」

人とつながる。

 

それだけで世界が私たちを暖かく歓迎しているように感じる。

 

 

今、世界は安心とは真逆の状態にあるけれど、繋がりを感じ、オキシトシンを分泌することで、私たちの神経系を修復する力が出る、つまり安全と感じることができる。

 

 

 

 

 

昨夜開催した「セラピストのシャベリ場 ON LINE Vol.0」。

 

東京首都圏、関西、富山、青森、九州からオーストラリアまで!

 

初めましての方も、顔馴染みの方も。ご縁がつながり、何と最大46名もの方にご参加いただきました。

 

 

自分で主催しておいて言うのもなんだけど、めっちゃオモシロかった!!

と言うか、おもしろくなったのは、参加してくださったみなさんのおかげです、本当に。

 

 

 

まだ、仕事を続けている人も、自ら休業を選んだ人もいる。

 

コロナ、自分、家族、そしてお客様。

 

それぞれの関係性と、距離感の中で。

最適解と思える間合いは日々、有機的に変わる。

 

 

もちろん「完全に接触しない」が最適解なのかもしれないけれど、「触業」であることに葛藤し、日々少し傷つきながら、そのあわいをたゆたう自分を認める。

 

思いっきり嘆き切ることも必要だし、そこから何をよすがに浮上するかといえば、それが「つながりによる安心感」。
 

 

人数的に全員にお話が聞けなかったのは残念だったけど、身体系セラピストのみならず、精油販売をしている方や、占星術の先生、オーストラリアで人間&馬の整体をしている方まで!

 

さらにはセラピー界の大御所も多数参加していただいて、恐縮でした(汗)

 

 

 

オーストラリアの休業補償の手厚さには白目剥いたり(笑)

 

すでにON LINEでハーブボールのセルフケアを提供しているセラピストさんもいたりして、めちゃめちゃ興味深い話もたくさん聞けました。

 

「セラピー」という中で、「触れる」という手法を選んで提供してきたし、「触れる」ことの大事さは揺るがないけれど。

 

今、ひとときは「セラピー」を拡大解釈してその提供の仕方にバリエーションを持たせても良いのではないかと思っています。

 

こういう場作りや文章発信もまた、セラピー行為だと思っています。

 

 

 

ちなみに冒頭に書いた文章は、今朝参加したポリヴェーガル理論のポージェス博士によるZOOM講義のメモから。
 

今までの社会の「成功」のあり方、と言うのは主に物質的なところに偏っていたけれど、もっと根本的な、動物としての私たちの「成功」と言うのはつながりや安心感を得ること、そこに自分が存在していると感じられることなのかもしれない。
 

というようなお話もあったんだけど、まさにそんな「つながることによる安心感」を得るような場だったのではないかと思います。

 

 

 

このポリヴェーガルの視点も、セラピストには必須だとヒシヒシと感じていて、触れる系セラピストの方にはまだ馴染みも薄いようなので、なんらかの形でシェアしていきたいなと。

 

(私ごときが語るのはおこがましいのですが。。。まぁはじめの一歩くらいのところを)
 

余談をするとZOOMで45人を仕切る、というのはバリバリ仕切り上げてた音楽業界時代を思い出してなかなか燃えるシチュエーションでした(笑)

 

 

最先端ツールを使っているんだけど、どこかオールナイトニッポンの生放送をハガキ読みながらやってるようなレトロな空気もあって楽しかった(笑)
 
それを成り立たせてくれたのも、共にナビゲーターとしてサポートしてくれた はしづめ りなさんと、小林 彩子さんのおかげです!感謝!

ホントは月イチくらい開催かな〜と思っていたけれど、こんな時期なのでまた近々でやりたいと思っています。

 

ご感想もたくさん頂いていて、うれしいです!

 

 

 

■ヴァイタル・タッチセラピー
5月6日以降のご予約とお時間は下記よりご確認ください
https://yurikokomatsu.com/reservation 

■オンライン講座準備中!

「セラピストのための感性的コンサルティング」
「触れて癒す〜クオリティ・オブ・タッチ オンライン講座」
「心と身体をつなぐ〜ソマティック・セルフケア オンライン講座」
 
■スクール
https://touchforworld.amebaownd.com
1名からリクエストに応じて開催いたします。お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー未分類